美白化粧品の種類について

発売当初以来長い間多くの人に愛用されている美白化粧品もあれば、近年発売されたばかりの美白化粧品まで、たくさんの種類の美白ケア商品が販売されています。

長い間多くの人に愛用されているケア用品なら信頼できるから自分の肌にも効果があるのではないかと思いがちですが、その商品が自分の肌質に合っていないものであれば、期待した効果が得られないだけでなく更に肌トラブルを引き起こす原因にもなりかねません。

ですから美白化粧品にはどのような成分が含まれているのかを、よく理解しておかなければなりません。

美白ケア用品と呼ばれる配合成分には次のようなものがあります。

まず、アルブチンやエラグ酸、プラセンタエキスなどはメラニン生成を抑制してくれる働きがあります。

ビタミンC誘導体はシミなどがつくられる前の予防に効果が期待できます。

他にもリノール酸やルシノールなどという成分がありますが、それぞれ特徴や働きが似ているようで全く違いますので、成分の特徴及び働きを理解した上で自分のシミやソバカスに合った美白化粧品を選ぶようにしましょう。

美白化粧品は医薬品でも化粧品でもなく、その中間のものであると言われています。

皮膚科などでもらえる薬などよりは効果は期待できないけど、ケアをしてない時に比べるとシミが薄くなったり目立たなくなったりと改善が見られるものです。

化粧品売り場に行くと、美白という言葉をよく目にしますが、この美白と呼べるケア用品には厚生労働省が指定した配合成分を含んでいなければなりません。

指定された配合成分には、苺やブルーベリーなどベリー類のものから抽出されたエラグ酸というものがあり、エラグ酸はシミをつくる元となるメラニンを抑制してくれる働きを持っています。

自然から抽出されるもの以外にも人工的につくられたアミノ酸化合物としてトラネキサム酸などがあり、シミの発生を防ぐ効果があります。

これらの配合成分と自分のシミの種類を知り、美白化粧品を選ぶことが大切ですが、美白ケアは一時的なものでは意味がありませんので、自分に合ったものプラス持続できるものを優先的に探すようにしましょう。