シミの種類別美白化粧品の効果

美白化粧品を選ぶ際に、商品を販売している企業のホームページなどではなく、使用者による口コミを参考にして作られたランキングサイトを活用する方が信頼できる評価がされているので個人的に良いと思うのですが、美白化粧品に関してはそういった口コミを参考にしたランキングサイトを活用して選んだにも関わらず、シミに効果を感じられなかったという経験をした人が多くいる事が分かりました。

その原因は、選んだ化粧品が駄目な商品だったのではなく、自分のシミについてよく理解していなかった事にあります。

ほとんどの人は美白化粧品ならどんなシミにも効果があると思っていますが、シミにも種類があり、その種類に合った美白化粧品を選ばないと効果を最大限に発揮する事ができないのです。

シミの種類は2、3種類くらいだろうと思われがちですが、6~10種類あると言われています。

代表的なものに、炎症性色素沈着、老人性色素斑、脂漏性角化症、ソバカス、肝斑、花弁状色素斑などがあります。

それぞれに合った化粧品を選ぶことが大切です。

肌トラブルの一つであるニキビにも赤にきび、黒にきび、白にきびなどの種類があり、にきびの種類によって使うクレンジングや化粧水などを使い分けなければ、症状が悪化する場合があります。

同じようにシミにもいくつもの種類がある事をご存知でしょうか。

シミの種類の一つに、炎症性色素沈着と呼ばれるものがありますが、ニキビ跡がシミとなって残ってしまった場合のもので、美白化粧品の配合成分にはビタミンC誘導体が入っているものが効果的です。

次に老人性色素斑と呼ばれるシミですが、紫外線対策をしっかりしていなかった人に多く、シミが出来る人の原因で一番多いのがこのタイプです。

このタイプのシミの場合は、ケアが遅れれば遅れるほど消えにくくなるため、早めの対策が必要になります。

他にもソバカス、肝斑などありますが、何でもいいから美白化粧品をつけておこうと考えるのではなく、自分のシミの特徴を見てどのタイプのシミであり、どういった美白化粧品が合っているのか調べる事から始めましょう。

美白化粧品が選ばれる理由

こちらにシミの種類別にお勧め美白化粧品が紹介されています。